シェアブログ
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリ:スポーツ

2016年07月06日

    0 コメント
1: 名無しのヤギ速さん 2016/07/06(水) 10:47:32.25 ID:CAP_USER9
美女アスリートとして日本女子短距離界の頂点に立つ福島千里が、6月下旬に行なわれた日本選手権で、100メートルと200メートルの2種目でリオ五輪代表を決めた。

「最終日の200メートル決勝では、自身が持つ日本記録を6年ぶりに塗り替え、女王の健在ぶりをアピールしましたが、

実はレース後、彼女のパックリと6つに割れた腹筋についていた“点々”が話題になっているのです」(スポーツ紙記者)

 レース中の福島の画像を見ると、たしかに1センチ四方の絆創膏のようなモノが腹筋に沿って規則正しく貼られている。

一見すると磁気テープや鍼灸の跡のようにも見えるのだが……鍛え上げられた腹筋は福島のチャームポイントだけに、“異物”の存在はなおさら目立つ。陸連関係者がその正体を明かす。

「あれは福島の個人トレーナーである札幌の整骨院が独自に考案したもので、1年ほど前から使っています。

市販品ではありませんが、北海道出身のプロ歌手やプロサッカーチームの主軸メンバーも愛用していると聞いています」

「謎の点々」を考案した札幌月寒中央整骨院の福光悠介院長に聞いた。

「商品の成分は企業秘密なので詳しくはお話しできませんが、天然の鉱石を7種類ブレンドし、粒子状にしてシールに練り込んだものです。

東洋医学の観点からツボや経絡(気の通り道)に貼ることで、血液循環と自律神経の働きを向上させます。

また、その人が持っている自然治癒力を最大限に引き出してくれるので、筋肉疲労を含めた疲労回復にも効果があります」

 ネットで話題になってからは、問い合わせが連日殺到しており、その反響の大きさから一般販売も検討しているという。念願のメダル獲得の秘密兵器となるか。

※週刊ポスト2016年7月15日号

NEWSポストセブン / 2016年7月5日 7時0分
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_426614/

続きを読む

2016年07月04日

    0 コメント
1: 名無しのヤギ速さん 2016/07/04(月)14:09:56 ID:9pO
no title

どういうあれや

続きを読む

2016年07月04日

    0 コメント
1: 名無しのヤギ速さん 2016/07/04(月) 09:18:48.93 ID:CAP_USER9
日本代表選手団壮行会「とどけ!勇気2016リオオリンピック日本代表選手団応援イベント」が
3日、東京渋谷区の代々木第一体育館で行われ、人気デュオ「ゆず」が
名曲「栄光の架橋」を披露した。

4日が16歳の誕生日となる競泳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は
「ゆずは大ファン。『栄光の架橋』はずっとレース前に聞いていたので、
生で聴けてうれしかった」と大喜び満面の笑み。他競技との選手とも交流を深め、
壮行会後の会見では隣にいた陸上短距離のケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=に
「走りがかっこいい」とアタック。ケンブリッジも思わず「変な汗が出てきました」と照れ笑い。
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160703-OHT1T50224.html
no title

続きを読む

2016年07月02日

    0 コメント
1: 名無しのヤギ速さん 2016/07/01(金)12:55:59 ID:Ufp
ワイ「おかんと同い歳なのにこの人えらい美人やなー」
続きを読む

2016年07月01日

    0 コメント
1: 名無しのヤギ速さん 2016/07/01(金) 16:27:02.65 ID:CAP_USER9
AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2016)は30日、
女子シングルス2回戦が行われ、大会第8シードのヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、
米国)は7-5、4-6、6-3で予選を突破したマリア・サッカリ(Maria Sakkari、ギリシャ)を下した。

 この日、意外にもオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(All England
Lawn Tennis and Croquet Club、AELTC)の18番コートでプレーすることになったヴィーナスは、
大会スケジュールの作成者に対し、ウィンブルドンで通算5度の優勝を誇る実力者にありながら
アウトサイドコート(規模の小さいコート)に追いやられたことについて、男子の王者と同等の敬意を示してほしいと訴えた。

 元ウィンブルドン女王のマルチナ・ナブラチロワ(Martina Navratilova、チェコ)氏は、
このスケジュール変更を知り、「お粗末だ」とツイッター(Twitter)に投稿している。

 36歳のヴィーナスに続き、今年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2016)女王で
第4シードのアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)が18番コートでプレーする一方で、
錦織圭(Kei Nishikori)とジュリアン・ベネトー(Julien Benneteau、フランス)の試合は、
四大大会(グランドスラム)では一度もタイトルを獲得していない選手同士の対戦カードでありながら、センターコートで行われた。

 ウィンブルドンではセンターコートに次ぐ規模の1番コートでは、グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、
ブルガリア)とジル・シモン(Gilles Simon、フランス)の試合と、ドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)と
イリ・ベセリ(Jiri Vesely、チェコ)の一戦が行われたが、いずれもグランドスラムのタイトルとは無縁の選手となっている。

 対照的にグランドスラム通算7勝の実績を持つヴィーナスは、メジャー大会では最後に男女平等の
賞金額を設定したウィンブルドンの責任者に対し、どこのコートであろうとプレーするのに文句はないと
しながらも、この大会では女子よりも男子が優遇されていると訴えた。

「女子選手にとって、満足のいくスケジュールとは言えません。試合には平等の価値を与えてほしい。
それ以上は求めていません。同等の価値、それだけです」と強調したヴィーナスは、過去にウィンブルドンで
5度も優勝している男子選手が、規模の小さいコートで試合する姿を想像できるか問われると、
「そういうスケジュールは、お目にかかったことがありませんね」と笑いながら答えていた。

「非礼な扱いだと言っているわけではありません。アウトサイドコートでプレーしなければならないなら、
全員がそうあるべきだと思います。男子と女子の間で、例外とか不平等があってはなりません」

「私は何度もアウトサイドコートでプレーしてきました。何度タイトルを獲得していようが、その時点で
何位にいようが関係なくです。アウトサイドでもセンターコートでも、私がプレーする場所に、そのことは
まったく関係ありませんでした。申し上げた通り、私はどこでプレーしようと気にしません。全員が平等に
アウトサイドコートでプレーする限りは」

■追いやられたヴィーナスにマレーも同調
 ヴィーナスの主張には、男子世界ランク2位のアンディ・マレー(Andy Murray、英国)も同調している。

 この日いつも通りにセンターコートでプレーしたマレーは、ヴィーナスがアイトサイドコートに
追いやられたことに驚いたと認め、「ああ、少し驚いたよ。男子では過去の王者が18番コートで
プレーするなんてあり得ないだろう」とコメントした。

「ファンに最高の試合をみせるために、全体的には素晴らしいスケジュールが組まれている。
ただ大きなコートでビッグネームに試合させることより、その日最高の試合が組まれるように、
大会側も考慮しているはずだ」【翻訳編集】 AFPBB News
AFP=時事 7月1日(金)15時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000032-jij_afp-spo
テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス2回戦。リターンを打つヴィーナス・ウィリアムス(2016年6月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
no title
続きを読む
記事検索
逆アクセスランキング
PLEASE
相互リンク・RSS募集中です♪
【ヤギ速】
http://yagisoku.com
【RSS】
http://yagisoku.com/index.rdf

☆詳しくはABOUTをご覧くださいませ